葬儀費用を徹底解説

一日葬の費用相場

一日葬の費用相場の写真

町田市での葬儀なら町田市の葬儀で実績が豊富な葬儀社に相談しましょう。町田市での葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーがおすすめです。
https://www.grandsougi.co.jp/index_machida-shi.html

一日葬という葬儀も平成に入ってから広まった葬儀といえます。

一般的な葬儀や家族葬の場合は、通夜式から葬儀・告別式、火葬式まで、これまでの風習にならいますが、一日葬の場合は通夜式は省いて行わない葬儀のかたちです。なぜ、通夜を省くかというと、葬儀が一日で済ませられるという点が大きいです。葬儀が一日で終わるということは、葬儀に関わる時間が少なくなりますので、体力的な負担が減りますし、通夜に必要な通夜振る舞いの代金や宗教者への支払い費用も浮きますし、なにより宿泊に必要な費用も抑えられます。身体的な負担の軽減でいうと、ご高齢の方へのメリットが大きいです。このように、身体的な負担の軽減と費用的な負担の軽減と一石二鳥なメリットがあるので、広く普及してきたと考えられます。なお、一般的な葬儀や家族葬と同じく、告別式や火葬式は行います。

また、一日葬の場合も家族葬と同じく参列者を限定する傾向にあります。会葬者を広く浅く招待するのではなく、故人と関係の深かった方を招いてお見送りすることをメインとしています。そのため、葬儀の規模が小さくなりますので費用的な負担は必然的に少なくなります。

なお、一日葬の場合も家族葬と同じく、メリットとデメリットを把握しておく必要があります。一日葬のメリットは、コスト削減ができることです。通夜がないため、費用を抑えることができます。現在では、葬儀に参列できない人のために行う通夜式が行われておらず、遺族の希望に応じて範囲が限定されることもあります。そのため、大きな式場を借りる必要がなく、式場の利用料や飲食接待などの費用を抑えることができ、コスト削減の可能性が高まります。また、遺族・親族・参列者の負担が少ないため、1日で葬儀のすべての手続きが完了する1日葬は、遺族の負担を軽減することができます。そして、遠方にお住まいの参列者がいる場合、通夜と告別式の両方を行う場合には宿泊が必要になることもありますが、一日葬ならば1日で済ませることができる場合が多く、参列者の負担を軽減することができます。さらに、一日葬の所要時間は一般的な葬儀の約半分です。仕事の時間を確保することが難しい現代社会では、一日葬の方が時間が短くて済むため、ご遺族や参列者の負担を軽減することができます。

一日葬のデメリットとしては、人によっては都合が悪くて参列できない可能性もあります。多くの場合、親族が葬儀に参列するのは、親族の死を不幸にしているからという理由で忌引休暇を取ることになります。一方、知人や友人などの一般の方は、仕事がある平日の昼間に行われる葬儀よりも、夜に行われる通夜に参列する方が多い傾向にあります。そのため、お通夜を行わない一日葬の場合、仕事のスケジュールの都合で故人とのお別れができない人も出てくる可能性があります。